弁護士に依頼するメリット


保険会社の提示額よりも裁判所で認められる賠償額の方が高額です
自賠責保険

強制加入の保険であり、かかる保険に加入していない場合には、罰則が科せられます。
自動車損害賠償保障法により定められているもので、同法に定められた支払基準に従い、支払限度額の範囲内で人身事故による損害を保障するものです。

任意保険基準

保険会社の内部的な基準によるものです。一般的に、裁判・弁護士基準よりも低額です。
※通常、被害者本人による交渉で、保険会社が任意保険基準のものを提示してくることはありません。

裁判・弁護士基準

裁判所が基準にする損害額となります。一般的に、任意保険基準よりも高額な損害額となります。
※弁護士が交渉する場合には、裁判所の基準に基づいて交渉をしていくことになります。


保険会社の提示額は、裁判所・弁護士基準よりも低い任意保険基準に基づくものです。

交通事故に関しては弁護士に依頼することにより、裁判所基準による正当な損害額を請求すべきです!

保険会社からの損害賠償額の提示が、適正な賠償額であるのかをご相談ください!