死亡事故弁護士相談


死亡事故の場合には、下記の法的問題が発生するため総合的なサポートが必要になります。
このため、いち早く、これらの問題に詳しい弁護士に相談する必要があります。

当法律事務所では、これらの問題を総合的にサポート致します。

1・民事上の賠償の問


示談提示額の差

保険会社の示談提示額(任意保険の支払基準)は、正当な基準(裁判・弁護士基準)と比較して、極めて低額であるのが一般です。


特に、死亡事案のように損害額が高額になる事案では、数千万円も差が出ることは頻繁に起こります。このため、死亡事故についても早急に交通事故に詳しい弁護士に相談することが大切となります。


2・相続の問題


弁護士への相談

死亡事故の場合、遺族が加害者ないし加害者保険会社に対して、損害賠償を請求することになります。このため、相続の問題が発生します。


急な交通事故による死亡なため、相続に関する準備が全く出来ていないのが通常ですので、相続に詳しい弁護士に相談することが大切になります。


当法律事務所は、相続の問題についても力を入れていますので、この点のサポートもお任せ下さい。


3・刑事事件への参加


弁護士への相談

突然の交通事故により大切な方を亡くされてしまわれた遺族の悲痛は計り知れません。遺族としては、どうしてこのような事故が起きたのかを知りたいとの思いに至ることと思います。


被害者参加制度というものを利用することにより、なぜこのような事故が起きたのかを少しでも知ることができます。


当法律事務所では、加害者の刑事事件への被害者参加についても同時にサポート致します。